剣豪夜話|津本陽



文春文庫 剣豪夜話 津本陽

定価:本体700円+税

発売日:2019年01月04日

ジャンル:歴史・時代小説



年初に本屋に寄ると目に飛び込んできたが、この作品「剣豪夜話」でした。

元来、時代小説、剣豪小説は好きで読んできましたが、津本さん著作には馴染みが無く、本のタイトルと帯『抜刀道五段の著者...』に惹かれて購入。

実在した剣豪を、居合剣士の著者本人が書いただけに、描写の真実味が高く生々しい内容です。


例えば「龍馬暗殺現場の試斬」では、龍馬が住んでいた醤油屋近江屋の二階で、刺客がどのように「襲撃可能だったか」を、ある抜刀道の宗家の方と考察して一定の結論を導きます。


この本は2016年に単行本で出たものを新たに文庫にし直したもので、2019年1月10日第一刷ですからまさに出たて。(私の購入は8日でしたから、若干フライング気味の発売)

居合剣士ならずとも、是非お奨めしたい小説です。


最新記事

すべて表示

居合道 始めるには|30代女性剣士

居合を始めようと思った一番の理由は好きになった漫画の影響でした。 日本だけでなく世界で人気のあの鬼退治の漫画、鬼滅の刃なのですが、年甲斐もなくその世界観にはまっています。 刀を扱うってかっこいいな~やってみたいな~!!という、おそらく他の方に比べるととんでもない理由から居合ができるところを探し始めました。 言い訳程度に真面目な理由も書きますが、 探し始めた当時はコロナ禍で自宅勤務になり、運動不足だ

居合 始める 年齢|40代、4ヶ月目

<居合道を始めるきっかけ> 祖父や祖母が亡くなり、自らのルーツに興味を持たれた経験がある方もおられるかと思います。私もそんな一人でしたが、家の伝承、古文書や子供の時見せてもらえなかった刀などを調べるうちに、点と点が線のように繋がり、先祖が見ていた世を、教科書を見るよりリアルに想像する日が続きました。そんな中、先祖がずっと身に着けてきた刀を、まったく扱えない自分が、少し物足りなく感じることに気づきま

居合 始める 年齢|居合道8ヶ月、50代剣士の所感

<居合を始めた動機> 58歳になり、サラリーマン生活も終わりに近づいてきました。定年後の生活を考えた時に、趣味らしい趣味がないのではちょっと寂しい。そこで60の手習いではありませんが、なにか習い事をしようかと考えました。 そして、伝統的なものがいいかなと考え、茶道や書道なども考えましたが、居合を選んだのは傍目からみてカッコイイかなという他愛のない理由からです。 <武信会を選択した理由> さて、居合