居合道段位|大日本居合道連盟、昇段審査2019年11月

最終更新: 2020年9月28日

11月24日(日)、新宿村スタジオ(東京都新宿区)で行われた、昇段審査結果です。


初段合格:栗原剣士、小林剣士|

弐段昇段:二宮剣士|


(筆記試験):刀拵えの各部名称。居合道流派(流派名、始祖開祖名、時代)。刀法各業の流派名と発声、血振いの留意点

(業実技試験):刀法3本(初段=前切、前後切、幹竹|弐段=前後切、幹竹、切上)、古流2本(正座前、受流|正座前、立膝虎一足)

最新記事

すべて表示

居合 始める 年齢|40代、4ヶ月目

<居合道を始めるきっかけ> 祖父や祖母が亡くなり、自らのルーツに興味を持たれた経験がある方もおられるかと思います。私もそんな一人でしたが、家の伝承、古文書や子供の時見せてもらえなかった刀などを調べるうちに、点と点が線のように繋がり、先祖が見ていた世を、教科書を見るよりリアルに想像する日が続きました。そんな中、先祖がずっと身に着けてきた刀を、まったく扱えない自分が、少し物足りなく感じることに気づきま

居合 始める 年齢|居合道8ヶ月、50代剣士の所感

<居合を始めた動機> 58歳になり、サラリーマン生活も終わりに近づいてきました。定年後の生活を考えた時に、趣味らしい趣味がないのではちょっと寂しい。そこで60の手習いではありませんが、なにか習い事をしようかと考えました。 そして、伝統的なものがいいかなと考え、茶道や書道なども考えましたが、居合を選んだのは傍目からみてカッコイイかなという他愛のない理由からです。 <武信会を選択した理由> さて、居合

居合道を始めて1年|初段允可、20代女性剣士

今年9月に初段を取ることが出来ました。 去年の時点で審査会を受ける事を勧められていましたが、自分自身がまだ初段に足らないと感じ見送りました。先生には意思を尊重して頂き大変感謝しております。1年越しという経緯もあり、段位を取れた感動はひとしおでした。 この度は機会を頂きましたので、1年居合を続けて思ったこと、考えたことを綴ろうと思います。 まず居合を始めたきっかけですが、仕事以外に集中出来ることがし