大日本居合道連盟、東京大会2018年10月

10月13日、14日に東京スポーツ文化館で行われた、第12回東京大会にて以下の成績を収めました。

(個人戦)

七段優勝  山ノ内剣士

六段準優勝 大石剣士

四段優勝  中島剣士

三段三位  片山剣士


惜しくも三位決定戦敗退 西村五段、武政四段、今野四段、二宮段外



最新記事

すべて表示

居合 始める 年齢|居合道8ヶ月、50代剣士の所感

<居合を始めた動機> 58歳になり、サラリーマン生活も終わりに近づいてきました。定年後の生活を考えた時に、趣味らしい趣味がないのではちょっと寂しい。そこで60の手習いではありませんが、なにか習い事をしようかと考えました。 そして、伝統的なものがいいかなと考え、茶道や書道なども考えましたが、居合を選んだのは傍目からみてカッコイイかなという他愛のない理由からです。 <武信会を選択した理由> さて、居合

居合道を始めて1年|初段允可、20代女性剣士

今年9月に初段を取ることが出来ました。 去年の時点で審査会を受ける事を勧められていましたが、自分自身がまだ初段に足らないと感じ見送りました。先生には意思を尊重して頂き大変感謝しております。1年越しという経緯もあり、段位を取れた感動はひとしおでした。 この度は機会を頂きましたので、1年居合を続けて思ったこと、考えたことを綴ろうと思います。 まず居合を始めたきっかけですが、仕事以外に集中出来ることがし