居合の効果|無双直伝英信流 錬士七段

(インタビュー)

Q. 居合道を始めて、続けていてよかったこと、効果みたいなものはありましたか?


( 錬士七段、50代男性剣士)

【居合の効能】

A. 居合の技の動きには、上下・前後・左右・伸ばす・曲げる・ひねる等の動きがすべて含まれています。まず、日常生活では、動かさないであろう方向まで含まれていますので、技を覚えていくことは、自然と身体全体を動かすことになります。

そして、段位が上がってくるに従い無駄の少ない効率の良い動きにつながっていて、身体全体を使う自然な動きになっていきます。


また、居合は、とっさの時にどう身体に負担なく素早く動けるようになるか、そして、呼吸や循環、集中力はもちろん、重い刀を振ることで、バランス能力の向上にも役立ち、また自分自身の身体のいろいろな部位を意識して使うようになることも、居合ならではの特徴だと考えています。


さらに、稽古以外の場面でも感じるのが、昇段審査や試合場面での、自分を“視られる”“評価される”という環境に身を置く経験、試合での"勝負"という緊張感を味わえる経験、これらは普通に生活しているだけでは、なかなか得難い体験であり、精神作用に効するものであると思います。 


居合を修練していくということは、利便性・簡易性を求められ、身体的にも精神的にも偏重をきたし即物的になってきてしまっている現代社会において、今一度、日本人に合った身体能力・精神力を取り戻すきっかけ与えてくれる武道であり、日本の文化を見直す端緒でもあると考えています。


木刀による間合、打込、足捌きの稽古(四方刀、高段者)

最新記事

すべて表示

居合 始める 年齢|居合道8ヶ月、50代剣士の所感

<居合を始めた動機> 58歳になり、サラリーマン生活も終わりに近づいてきました。定年後の生活を考えた時に、趣味らしい趣味がないのではちょっと寂しい。そこで60の手習いではありませんが、なにか習い事をしようかと考えました。 そして、伝統的なものがいいかなと考え、茶道や書道なども考えましたが、居合を選んだのは傍目からみてカッコイイかなという他愛のない理由からです。 <武信会を選択した理由> さて、居合

居合道を始めて1年|初段允可、20代女性剣士

今年9月に初段を取ることが出来ました。 去年の時点で審査会を受ける事を勧められていましたが、自分自身がまだ初段に足らないと感じ見送りました。先生には意思を尊重して頂き大変感謝しております。1年越しという経緯もあり、段位を取れた感動はひとしおでした。 この度は機会を頂きましたので、1年居合を続けて思ったこと、考えたことを綴ろうと思います。 まず居合を始めたきっかけですが、仕事以外に集中出来ることがし

© BUSHINKAI, belonging to DAINIHON IAIDOURENMEI. 武信会(大日本居合道連盟大宮支部)

入門 | 日本 | 居合道初めませんか|無雙直傳英信流|武信会(さいたま市大宮)

武信会広報 二宮(にのみや)

090-1123-6898 iaido.bushinkai@gmail.com

  • Facebook - 無雙直傳英信流(居合道)武信会