居合を始めたきっかけ|無双直伝英信流入門 女性剣士

(インタビュー)

Q. 居合道を始めたきっかけについて教えてください。また、実際に居合を始めてみて、稽古の雰囲気などは如何ですか?


(20代女性剣士)

A. 私が居合を始めようと思ったきっかけは、時代小説でした。


物語の中で刀を抜く彼らは、ひたむきでかっこいい。

何より、揺るがない軸を持っている。

次第に、刀を扱うということは、自分と向き合い鍛えることなのではないかと思うようになり、精神的に成長したかったことも相まって、居合を始めようと決意しました。


とはいえ、武道の経験はなし。学生の頃も文化部だった私にできるだろうかと思いながら、体験に臨みました。


しんとした緊張感。

太刀風の音。

誠実に稽古をしている姿。


直に見て、触れて、「でも、やりたい」という気持ちを再確認し、入門を決めました。

入門してからは、毎回できないことに直面していますが、「できない」ということを先生方が受け止めて教えてくださるので、私自身ができない自分を認めて、稽古に取り組むことができています。

また、休憩時間に先輩方からのアドバイスもあり、皆さんに育ててもらっているので心強いです。


今後も先生方、先輩方と共に稽古を重ね、自分と向き合いながら成長していきたいと思います。



最新記事

すべて表示

居合道見学体験から居合道入門まで【新剣士3ヶ月】

12月に入会して2ケ月が過ぎ、居合の奥深さと面白さを感じるようになってきた今日この頃です。 以前から日本古来の武道に関心がありましたが、某テレビ番組で60歳定年間際のサラリーマンが趣味でやっていた居合の立ち振る舞いを見て、62歳の私でもやれるかもしれないと思ったのが居合への興味のきっかけです。 後日インターネットで、さいたま市内にある居合道場を検索していくつかのホームページを見て比較しましたが、

© BUSHINKAI, belonging to DAINIHON IAIDOURENMEI. 武信会(大日本居合道連盟大宮支部)

入門 | 日本 | 居合道初めませんか|無雙直傳英信流|武信会(さいたま市大宮)

武信会広報 二宮(にのみや)

090-1123-6898 iaido.bushinkai@gmail.com

  • Facebook - 無雙直傳英信流(居合道)武信会