居合道を始めて1年|初段允可、20代女性剣士

今年9月に初段を取ることが出来ました。


去年の時点で審査会を受ける事を勧められていましたが、自分自身がまだ初段に足らないと感じ見送りました。先生には意思を尊重して頂き大変感謝しております。1年越しという経緯もあり、段位を取れた感動はひとしおでした。


この度は機会を頂きましたので、1年居合を続けて思ったこと、考えたことを綴ろうと思います。


まず居合を始めたきっかけですが、仕事以外に集中出来ることがしたい、身体を動かすことをしたいと思い習い事を探したことでした。様々な習い事がある中で、最終的に居合を選んだ理由は、好きな俳優の殺陣がカッコ良かったから、珍しいから、とごく単純なものでした。

武道経験もなく、運動神経も良いと言えず、続けられるだろうかと不安もありましたが、見学から丁寧に対応して頂き、先生や先輩方の熱意を感じ入門に踏み切りました。


今では思い切って始めて本当に良かったと思っております。


次に居合を始めて良かったことについて(個人的な感想ですが)。

まず、週1回しっかり運動する事で、間違いなく運動不足の解消になっています。また、集中して刀を振るうことでストレス発散にもなります。女性としては、インナーマッスルが鍛えられて、スタイルアップになるのも魅力だと思います。いまだに筋肉痛はありますが、充実した稽古が出来た証だなと思っています。


次に集中力の切り替えと持続が上手くなったこと。

技に入る前に気を整え集中力を高める、この切り替えの動作が、仕事や私生活で役に立っていると感じることがあります。

大事な作業をする際に行ったり、気分を落ち着けたい時に行うことで一旦リセットし冷静になり、集中して作業に取り組めるようになります。


最後に、達成感を得ることが出来ること。普段の稽古で、なかなか上手くいかない事もあります。頭では分かっているのに、体がついてこなくて、もどかしい思いをする事も多いです。ですが、何回も振っているうちに、急に出来るようになることがあります。その時が、達成感を得て、尚且つ居合にハマる瞬間です。なんで出来ないのだろう?と自主的に振っていると、先生や先輩方が熱心にアドバイスをくれます。ほんのちょっと変えるだけで出来る様になる事もあるので、居合の奥深さや探究し極めていく魅力を感じています。また、人前で技を行うことで度胸がついてきたなと思います。


好きな俳優に憧れて始めた居合ではありますが、今では私の自慢出来るものの1つとなりました。やればやる程その奥深さを感じ、技の研磨に終わりはないのだなと思っています。


いつも熱心にご指導下さる先生や先輩方には大変感謝しております。

これからも精進していきたいと思います。

最新記事

すべて表示

居合道 始めるには|30代女性剣士

居合を始めようと思った一番の理由は好きになった漫画の影響でした。 日本だけでなく世界で人気のあの鬼退治の漫画、鬼滅の刃なのですが、年甲斐もなくその世界観にはまっています。 刀を扱うってかっこいいな~やってみたいな~!!という、おそらく他の方に比べるととんでもない理由から居合ができるところを探し始めました。 言い訳程度に真面目な理由も書きますが、 探し始めた当時はコロナ禍で自宅勤務になり、運動不足だ

居合 始める 年齢|40代、4ヶ月目

<居合道を始めるきっかけ> 祖父や祖母が亡くなり、自らのルーツに興味を持たれた経験がある方もおられるかと思います。私もそんな一人でしたが、家の伝承、古文書や子供の時見せてもらえなかった刀などを調べるうちに、点と点が線のように繋がり、先祖が見ていた世を、教科書を見るよりリアルに想像する日が続きました。そんな中、先祖がずっと身に着けてきた刀を、まったく扱えない自分が、少し物足りなく感じることに気づきま

居合 始める 年齢|居合道8ヶ月、50代剣士の所感

<居合を始めた動機> 58歳になり、サラリーマン生活も終わりに近づいてきました。定年後の生活を考えた時に、趣味らしい趣味がないのではちょっと寂しい。そこで60の手習いではありませんが、なにか習い事をしようかと考えました。 そして、伝統的なものがいいかなと考え、茶道や書道なども考えましたが、居合を選んだのは傍目からみてカッコイイかなという他愛のない理由からです。 <武信会を選択した理由> さて、居合