居合を始めたきっかけ|無双直伝英信流入門

(インタビュー)

Q. 居合道を始めたきっかけについて教えてください。また、実際に居合を始めてみて、稽古の雰囲気などは如何ですか?

(40代剣士)

◆居合への興味

何か運動したいなと以前より思っていたところ、千葉の知人が居合の稽古に通いはじめました。その話を聞いてるうちに、どんどん興味が高まっていきました。


もともとゲームや小説の影響で刀というものに興味があったものの、武道は未経験だし激しかったら無理だろうと思ってましたが、これならできるかなと感じました。

そこで、なるべく近いところが良いと思いネットで検索。定期的に行われており場所も比較的近いところが多く、サイトを読んで真っ当そうだなと感じ、武信会への体験を申し込みました。


◆体験そして入会へ

基本的な説明のあと、技のひとつを丁寧に教えていただきました。動き(所作)の一つ一つに理由(理合)があり、なるほどと感心しました。まあ、だからといってすぐにできるわけでもなく、何度も繰り返しました。頭はパンク状態です。なんとか最後には段取りをなぞるぐらいまでは行けたでしょうか。


終わったあとに入会用紙を渡されましたが、すぐに入会を決めました。ガムシャラな精神論やパフォーマンスではなく「道」を極めようとする姿勢、そして師範のお人柄が入会の決め手になったと思います。


◆稽古をしてみて

どの武道やスポーツでも同じだと思うのですが、動きには理由があってそれを身につけて極めていくという事にとても魅力を感じています。また使ってみることで日本刀の魅力を改めて感じています。


今は技の所作を覚えるので手一杯ですが、とりあえず出来た状態になったり、そこからご指摘を受けて改善した時は達成感があります。毎度稽古が終わると体も頭も疲労状態ですが、今日もやったという気持ちになります。

まだまだ高段者の無駄の無い動きにははるかに及ばないのですが、自分のペースで上達していこうと思います。



最新記事

すべて表示

居合 始める 年齢|居合道8ヶ月、50代剣士の所感

<居合を始めた動機> 58歳になり、サラリーマン生活も終わりに近づいてきました。定年後の生活を考えた時に、趣味らしい趣味がないのではちょっと寂しい。そこで60の手習いではありませんが、なにか習い事をしようかと考えました。 そして、伝統的なものがいいかなと考え、茶道や書道なども考えましたが、居合を選んだのは傍目からみてカッコイイかなという他愛のない理由からです。 <武信会を選択した理由> さて、居合

居合道を始めて1年|初段允可、20代女性剣士

今年9月に初段を取ることが出来ました。 去年の時点で審査会を受ける事を勧められていましたが、自分自身がまだ初段に足らないと感じ見送りました。先生には意思を尊重して頂き大変感謝しております。1年越しという経緯もあり、段位を取れた感動はひとしおでした。 この度は機会を頂きましたので、1年居合を続けて思ったこと、考えたことを綴ろうと思います。 まず居合を始めたきっかけですが、仕事以外に集中出来ることがし

© BUSHINKAI, belonging to DAINIHON IAIDOURENMEI. 武信会(大日本居合道連盟大宮支部)

入門 | 日本 | 居合道初めませんか|無雙直傳英信流|武信会(さいたま市大宮)

武信会広報 二宮(にのみや)

090-1123-6898 iaido.bushinkai@gmail.com

  • Facebook - 無雙直傳英信流(居合道)武信会