居合道高段者の思いと振り返り|無双直伝英信流 錬士七段

更新日:2020年9月28日

(インタビュー)

Q. これから居合を始めようとしている、居合初心者の人達に対して、昇段や段位ごとに感じてきたことや、これからの居合人生について教えてください。


( 錬士七段、60代男性剣士)

A.

  ------ ある高段者の段位ごとの思いと振り返り --------


<段外から初段> この時期は、ひたすら師匠の模倣を繰り返し、技の“段取り”を覚えるのに必死でした。型の理合(想定)を教わるのですが、頭で分かっていてもなかなか体がついていかず、正直、ゆとりがなかったな、と思います。一方で、一つ一つ技を覚えていくのは実に楽しく、正座からの動き、立膝からの動き、立ち技での体捌きなど日常ではほとんど使わないような動きが新鮮で、また、刀の重さにもだんだん、なじんできます。


<弐段から三段> この時期になると、今度は、一つ一つの技・動きに、いろいろ疑問が出始めてまいりました。その都度、師範に質問し、あるいは稽古の途中で話されたことから自分の動きに応用し、うまくいかないとまた指摘を受け、さらに悩みと、次から次と自問自答をし、稽古の復習をし、と、自分で考えることが、非常に増えた時期でもあり、できた時の達成感を多く感じられてきます。このころから、大会でも少しずつ結果が伴うようになってまいりました。


<四段から五段> この時期には、真剣を手に入れての稽古、今までの模擬刀との差を実感した時期でもあります。確実に、気を抜くと怪我につながる緊張感も増し、私自身も何度か怪我を負っていますが、その分、本物に近づけた喜びもひとしおです。

そして、目付、理合、運剣、体動を一致させて、いかに、無駄のない動きに近づけていくかの課題に、稽古の中でようやく取り組める余裕が出てきたように感る時期でもあります。また、大会では、同段位の他支部の剣士の人たちと、いろいろな意味で刺激し競い合えるようになり、自分の居合の“かたち”を意識し始めてきたのもこの頃です。


<六段から錬士> この時期になりますと、他の会員に指導を当たることが稽古中でも増えてまいりまして、これが、非常に自身の居合に影響が出てきております。それまであいまいにやり過ごしていたことに、改めて気が付かされ、それを元に自身の稽古も丁寧さ、正確さも意識した動きになっていったと思います。質問されると、果たして自分の時はどうだったか?基本を振り返る、よい機会にもなっていました。


<7段、そしてこれから> 

今は、いかに無駄なく、時に静かに、時に激しく、“序破急”の世界にいかに近づけるか、自分の居合を見た人に、いかに感動を与え興味を持ってもらえるか、大それた考えのもと、さらに稽古に励んでおります。


全国大会七段個人優勝、高段者団体戦優勝(2018)の図
全国大会七段個人優勝、高段者団体戦優勝(2018)の図

最新記事

すべて表示

居合道 始めるには|30代女性剣士

居合を始めようと思った一番の理由は好きになった漫画の影響でした。 日本だけでなく世界で人気のあの鬼退治の漫画、鬼滅の刃なのですが、年甲斐もなくその世界観にはまっています。 刀を扱うってかっこいいな~やってみたいな~!!という、おそらく他の方に比べるととんでもない理由から居合ができるところを探し始めました。 言い訳程度に真面目な理由も書きますが、 探し始めた当時はコロナ禍で自宅勤務になり、運動不足だ

居合 始める 年齢|40代、4ヶ月目

<居合道を始めるきっかけ> 祖父や祖母が亡くなり、自らのルーツに興味を持たれた経験がある方もおられるかと思います。私もそんな一人でしたが、家の伝承、古文書や子供の時見せてもらえなかった刀などを調べるうちに、点と点が線のように繋がり、先祖が見ていた世を、教科書を見るよりリアルに想像する日が続きました。そんな中、先祖がずっと身に着けてきた刀を、まったく扱えない自分が、少し物足りなく感じることに気づきま

居合 始める 年齢|居合道8ヶ月、50代剣士の所感

<居合を始めた動機> 58歳になり、サラリーマン生活も終わりに近づいてきました。定年後の生活を考えた時に、趣味らしい趣味がないのではちょっと寂しい。そこで60の手習いではありませんが、なにか習い事をしようかと考えました。 そして、伝統的なものがいいかなと考え、茶道や書道なども考えましたが、居合を選んだのは傍目からみてカッコイイかなという他愛のない理由からです。 <武信会を選択した理由> さて、居合